透明なゆりかご 漫画 8話をネタバレしていきます。

透明なゆりかご 漫画 8話のネタバレとあらすじ

 

透明なゆりかごという沖田×華先生の大人気漫画の8話をご紹介していきます。

この物語は作者の沖田×華先生の実体験に基づいて描かれている作品で、テレビでドラマ化されるほどの人気の高い漫画です。

実体験に基づいて描かれているだけあって読んでいると胸に来る作品で、はっきり言って名作とまで言っても過言ではないと思います。

1話ごとに見どころをかいつまんでお話していきますので、毎回楽しみに読んでいただけると嬉しいです。

 

 

透明なゆりかご 漫画 8話のあらすじ

 

×華は自身が働く産婦人科で、とある人と再会することになります。それは、彼女と同じ小学校に通っていた女の子でした。二人は同時期にいじめを受けていたり、母親との関係性に悩んでいました。そのため、二人は自然と仲良くなることに。しかし、向こうが転校してしまったため本当に久しぶりの再会となりました。

実は、彼女は×華よりもひどい虐待を受けていました。×華達は転校だと思っていましたが、実は母親から受けた傷がきっかけで親戚や施設に預けられることに。その傷跡は今も彼女の顔に残っています。

そんな虐待をされてもなお、母親の愛情を信じていた彼女。彼女の心をずっと守っていたのは、自身の母子手帳でした。親から虐待されていた間もこの母子手帳を見ることが彼女の楽しみで、そこに書かれていたことこそが、母親が彼女を愛していた証拠。そう思い彼女は心のバランスを取っていたのです。

一度はこの母子手帳も母親によって取り上げられてしまうのですが、捨てたと思った母子手帳も捨てずに取ってありました。ひどいことをした母親ではあるのですが、全てを嫌いになることはできないのです。

無事に女の子を出産し、退院していった友人。×華も、ドキドキしながらも自身の母子手帳を見つめるのでした。

 

 

透明なゆりかご 漫画 8話のネタバレ

 

ここまでそう多くは出てきていませんでしたが、×華の母親もなかなか強烈ですよね。×華が産婦人科で働くことになった際、何と一番最初に電話をして面接の約束を取り付けたのは母親でした。このことから、ちょっとずれているのがわかります。

 

そんな×華の母親がどんな人なのかが少しわかるエピソードでした。そして、×華自身も母親が喜んでくれると思って看護師を目指し始めたというのがとても印象的でした。子どもの頃から怒られたりしていると、親の機嫌を取ろうとすることが多くなるそうです。

 

それは、認められたい。そして愛されたいという気持ちからの行動だと思います。母親に喜んでほしい、関係を良くしたい。そんな×華の思いに不覚にも涙が出てしまいました。

 

ミカの母親もそうだったのですが、母子手帳の中にあったのは純粋なる親としての愛情です。×華やミカの母親のように、何かのきっかけで歪んでいってしまう母親はたくさんいますが、そんな母親達ももがき苦しんでいるのかもしれません。

 

虐待をするのはもちろん悪いことなのですが、どうすれば良いのかわからない、理解者が周りにいない。そんな状況に置かれている母親も多いと思います。最近はSNSがあるので比較的良くなったとはいえ、もっと専門家に相談できるチャンスが増えると良いですね。